故人が喜ぶ良い葬儀ブログ

亡くなられた方に喜んでいただけるような葬儀例を集めました

近くの葬祭場で少人数で行う家族葬というスタイルが増えています

増加する家族葬を考える

近年、家族のみでひっそりと故人を弔う「家族葬」が増加している。その背景には、自分の死後をどうして欲しいのか、残された家族に個人が頼んでいることが考えられる。
これまで、死後を考えることは悲しいこと、できれば考えたくはない問題として扱われてきた。
しかし、映画「おくりびと」の大ヒットから、自分がどのような最後を迎えたいのかを考える人が多くなっている。

映画「おくりびと」の大ヒットが家族葬急増のきっかけ

それは、エンディングノートと呼ばれる商品が売れていることからもわかる。
エンディングノートの内容としては、自分が望む葬儀の詳しい内容であったり、大事にしていることを生きている間に書き残すというものである。
そこで、葬儀は簡素でいいのか、盛大に弔って欲しいのかを考える機会が増えているのである。

時代と共に最適な葬儀スタイルも変わってきています

以前ならば、葬儀は残された家族が故人をしのんで行うというのが一般的であった。
そのため、盛大に執り行われることが多かったといえる。現在も地方では、近所の人が亡くなると地域の人たちが葬儀などの手伝いにいく風習が残っている。
しかし、現代の社会では都会であればあるほど地域との交流は少なくなっているのが現状である。
近所の人が亡くなっても、無関心であろう。

地域の人たちと葬儀場で行う意味が薄れてきている

葬儀は個人に向けたものであると同時に、地域の人たちへも向けられたものだったのである。
もちろんこちらの町屋斎場のように地域に根ざした葬祭場もいまだにある。
しかしそれらの葬祭場でさえも、現代では家族のみで行う葬儀の方が多いのである。
以前は葬儀は周りの方々への、生前お世話になりました、安らかに旅立ちますというメッセージであったと言える。
では自分の葬式をどのようにしたいと考えるだろうか。おそらく、できるだけ簡素に、お金はなるべくかけずともよいと答える人が多いのではないだろうか。不景気が続き、お金のありがたみを身にしみて感じる現代では、自分が死ぬ前にお金を使いたいと考える人が多いのも納得がいくことである。

家族葬について記事一覧