故人が喜ぶ良い葬儀ブログ

亡くなられた方に喜んでいただけるような葬儀例を集めました

家族葬のメリットとデメリットについてお伝えします。

皆さんは家族葬とはどんなイメージをお持ちでしょうか。

家族葬について、一般的な葬儀との違いを中心にお伝えします。
まずはじめに家族葬についてですが、家族・親族・親しい間柄のみで行う葬儀の事を言います。
葬儀自体は一般的な葬儀同様に通夜式・告別式も行いますので、家族葬だからといって簡略化したものではありません。
(通夜式→葬儀・告別式→火葬→還骨法要)

次に家族葬を行う際のメリット・デメリットについてお伝えします。

家族葬のメリット

メリット1)費用を軽減できる。

一般的な葬儀相場が約¥1,100,000から¥2,400,000-(平均¥1,980,000-)に対して家族葬の相場は約¥180,000から¥600,000-(平均¥350,000-)とだいぶ費用を安くすることができます。
費用の内訳でもっとも異なる部分は「飲食費用・返礼品費用」になります。理由として参列者の数が一般的な葬儀と異なり少ない為です。

メリット2)少人数の為、葬儀に専念できる。

参列者は家族や親近者のみの為、気を遣わずに供養に専念できる。

家族葬のデメリット

デメリット1)葬儀後の弔問客への対応。

故人にお世話になった方や大切に思われていた方が葬儀後に自宅に弔問に訪れます。
その際に葬儀の事を知らせなかったことで不満を言われることがありますので、故人と関係のあった方には知らせておきべきでしょう。
また、必要最低限の返礼品、おもてなしの準備はしておきましょう。

デメリット2)一般弔問客への対応。

家族葬であっても一般の弔問客の参列はありえます。その場合、混乱が生じる事もあります。

デメリット3)精神的な負担が増える場合も。

後日「偲ぶ会」を行う場合、葬儀を2回行う事になり結果として費用が高くつく場合もあります。
最後に葬儀社を選ぶ際には「葬儀のプランや金額が明確」になっているかを必ず確認してください。

故人が喜ぶ良い葬儀ブログ新着記事一覧